女性の加齢臭

加齢臭は男性だけに発生するものというイメージがありますが、実は女性にも加齢臭があります。

女性の加齢臭女性の加齢臭が男性ほど目立たないのにはいくつか理由があります。まず、女性は男性より皮脂が少ないので、加齢臭の原因となるノネナールの基となる脂肪酸が少ないからではないかと言われています。

また、ノネナールの基となる「9−ヘキサデセン酸」は女性にもある脂肪酸ですが、女性の場合は脂肪酸の酸化を抑えるホルモンが40代でも活発に分泌されているため、男性ほどノネナールが発生しないといわれています。一方男性は40歳を過ぎるとこのホルモンの分泌が急激に減るので、女性よりも早い年齢から加齢臭が発生するのです。

女性の加齢臭女性の場合でも、皮脂分泌が盛んな場所や、ホルモンバランスが崩れている場合は、早い年齢から加齢臭があるケースもあるそうです。

喫煙やストレスの多い生活、過激なダイエットなどが原因でホルモンバランスを崩す若い女性が増えています。女性の場合は、抗酸化力をアップさせると同時にホルモンバランスを整えることが、加齢臭の予防につながります。