加齢臭を予防するには

加齢臭対策でご説明したように、加齢臭は身体の抗酸化力をアップさせることで軽減・予防することが出来ます。

加齢臭の予防活性酸素の増加は、加齢臭だけでなく生活習慣病の原因ともなりますので、健康な身体作りのためにも、活性酸素を増やさないことが重要です。加齢臭予防のためだけでなく、アンチエイジングや健康的な身体作りのためにも是非とりくんでみて下さい。

加齢臭の原因の1つ「活性酸素」を抑制する食品を積極的にとる

加齢臭対策 にもありましたように、人間の体内の抗酸化物質は20代をピークに減少していきます。若い頃よりも意識して抗酸化物質を摂る必要があります。(抗酸化物質を豊富に含む食品については加齢臭対策をご覧下さい。)

加齢臭より臭い?それだけではないタバコ

加齢臭予防に禁煙加齢臭の原因となる活性酸素を発生させる大きな要因の一つが喫煙です。せっかく食品から抗酸化物質をとるなどの努力をしても、喫煙すれば台無しです。喫煙は代謝を落とす原因の一つでもあり、 動脈硬化などを引き起こす危険因子です。 血液中に 中性脂肪が多い人が喫煙するとさらに危険が増すと言われています。 加齢臭世代は同時にメタボリックシンドローム世代でもあります。加齢臭予防のためだけでなく、健康的なシルバーライフのためにも、一刻も早くタバコとは縁をきりましょう。

ストレスをためない&適度な運動で加齢臭予防

加齢臭対策ストレスの多い生活は、活性酸素を増加させます。適度な運動は、抗酸化力アップにもつながりますし、ストレス解消にもなります。特にウォーキングは、抗酸化力アップのために効果的だと言われています。激しい運動は活性酸素を発生させますが、ウォーキングの場合はゆるやかな運動ですし、身体の左右を同じように使いますから、ひねったりどちらか片方を使いすぎたりして腰や脚をいためることもありません。普段運動をする習慣がない方でも通勤を徒歩に変えてみる、休日は歩くようにしてみる・・・など日常生活の中で十分取り入れることが出来ます。