加齢臭の原因

加齢臭はどうして発生するのでしょうか?またどうして中年以降にだけ加齢臭があるのでしょうか?

加齢臭の原因はノネナール加齢臭の原因は「ノネナール」という体臭成分だということが分かっています。 加齢臭は「9−ヘキサデセン酸」という脂肪酸が酸化してノネナールなどの体臭成分が発生することで起こります。

9−ヘキサデセン酸は、若者の皮脂にはほとんど存在しない脂肪酸ですが、中年になると皮脂中の9-ヘキサデセン酸は増加し始めます。ノネナールは、この脂肪酸が酸化分解されたり、表皮のバクテリアによって分解されて生成されます。

加齢臭の原因中年になると、ノネナールの基となる脂肪酸が増加しているのに加え、中年の身体は加齢により抗酸化力が低下している(皮脂中の過酸化皮質も若い人より多い)ので、脂肪酸が酸化分解されやすい状態です。そのためノネナールが発生しやすくなります。中年以降の人のみ加齢臭があるのはこのためです。

逆に、生活習慣などを改善し抗酸化力をアップさせれば、加齢臭を防止することができます。